投資の世界に生きる

プロ投資家として投資の基礎を発信


株式

PERの全て~意味、見方、使い方~

要約 PERの理解に必要なことを網羅的に1から全て説明しています。 PERそのものの理解方法と合わせて使い方も説明

プロのように投資するための推薦書(初心者向け~上級者向け)

要約 オススメの業界本を紹介しています。

原油価格の上昇が生活、経済、為替/金利、株に与える影響

要約 原油価格が上昇するとインフレ、金利上昇、円安、株高が起きる 株価や為替は業種、国によって影響が異なる

円高にも強い株式投資~金融株による疑似金利トレーディング~

要約 金利上昇によって円高でも金融(銀行/保険)株は儲かる

PER/PBR/ROEを使った実践投資手法

要約 バリュエーション指標は同業他社、もしくは過去の水準と比較して用いること EPS/BPSとPER/PBRをセットで使う

適正株価を算出するバリュエーション方法まとめ

要約 3大バリュエーション手法、マルチプル、DCF、EVA(残余利益モデル)についてまとめました

マルチプル~一目で企業価値を判断する方法~

要約 最も使われているバリュエーション方法 企業事業価値と時価総額のどちらに対する倍率かによって大きく分けられる マルチプルがうまく使えない場合はDCF/EVAに頼ることになる

ベータの測定方法

要約 ベータを直接測定するならば週次 ベータを間接的に測定するならば3社以上は同業が必要

キャッシュフローから企業価値を計算するもう一つの方法~EVA~

要約 EVA = NOPAT(純税後利益)-資本コスト DCFより想定しなくてはならない項目が減るメリットがある

DCF法の全て~企業/不動産/資産価値を計算する方法~

要約 DCFは予想FCFの現在価値の合計 DCFはFCFの予想部分と残存価値の2つの部分に分かれる DCFが100%正確であることはない FCFの予想モデルは様々なパターンがあり、パターンを組み合わせて使用することも可能 シナリオ分析をすることでより柔軟に事業価値を…

完全版:企業/不動産/プロジェクetcの割引率(WACC)の算出方法

要約 DCFとは企業の将来の予想FCFを現在価値に割り引いて企業価値を算出 WACCがDCF法にとっての割引率 WACCは有利子負債コストと株主資本コストから構成される

完全版:フリーキャッシュフローの計算方法

要約 フリーキャッシュフローとは使途が限定されていないキャッシュフロー EBITとは企業の継続的な利益 キャッシュフローにはFCFFとFCFEの2種類が存在

2つの企業価値~バリュエーションを使って投資を成功させる仕組み~

要約 企業価値の計測は市場価値、本源的価値の2通りが存在 独自に計測した本源的価値>市場価値ならば株式を購入するのが合理的

株式調査の質を一段上げる外資系証券の個別株式分析手法紹介

説明 個人投資家の方でも、個別企業のファンダメンタルズをしっかり分析して投資に臨まれる方も多いと思います。更に一歩上の調査を目指す方向けに、ここでは実際にプロのアナリスト達が使っている分析手法を紹介しています。 また、ファンダメンタルズ分析…

完全版:財務分析の手法~収益力/経営効率/財務状況分析~

要約 粗利率は単純な商品売買による利益率で、これに着目することで会社の商品自体の収益力がわかる 営業/経常利益率は、企業の持続性のある利益が、売上に対してどれくらいかを示す 百分率財務諸表を分析に用いることが必須 資本効率は投資家から見た指標で…

デュポン分析から学ぶ財務分析の手法~デュポン分析と資本効率分析~

要約 デュポン分析はROEを純利益、総資産回転率、財務レバレッジの3要素に分解する。 資本効率の指標としてはROICが最もオススメ。

株価を動かすクリティカルファクターのモニタリングと実例

要約 クリティカルファクターのモニタリングを定期的に行う 新しい情報がクリティカルファクターかどうかはチャートを使って参照。

株価を動かす要因 ~クリティカルファクターについて~

要約 クリティカルファクターとは株価を動かす要因 カタリストの発生によりクリティカルファクターの存在が実証され、株価が変動 クリティカルファクターは過去の株価の動向から判断

個別企業分析をするために、業界を徹底的に分析する方法

要約 業界の分析は1.需給分析 2.過去の財務指標とマクロ経済データ分析 3.過去の株価分析 4.サプライチェーン分析によって行われる。

株式調査を成功させるためのチェックリスト

要約 成功する株式調査には最低の満たすべき要件がある 情報収集は株価に影響があるもののみに限定 基本はプロでもネットを使い情報収集

イエレン議長のスピーチを受けて今後の米国利上げ見通し

要約 年内1回、翌年は2回の利上げ想定 円安転換する状況はまだ先と予想 株式の短期的な見通しはよくとも、利上げ後には下落リスクが大きい

欲に負けて売るタイミング、買うタイミングを逃すのを防ぐ4つの手順+2のルール

要約 感情や欲に流されず、収益を上げるにはルールを作り、それを厳守することが必要 投資ではお金を失って当然という姿勢でリスク管理を行うことが必要

簡単に株価、FX、先物の値動きを予想できるテクニカル分析を使うまでの最短ルート

事前準備 テクニカル分析を使うまでの最短経路 参考文献

株式投資までの最短ルート案内板 ~最も手軽な株式指数投資~

要約 最短で株式投資が始められる株式指数への投資を7つのトピックを紹介 株価の変動要因や簡単に株価をできるテクニカル分析も紹介 初心者投資家のためにすぐに投資効率が上がるコツを紹介

株の値動きを掴むための2大基礎理論:テクニカル編

要約 テクニカル(=需給)のニュースによる株価変動は原則短期で収束 アノマリーと呼ばれる市場の動きの傾向が存在

誰でもできる最も簡単な株式投資~株価指数投資方法紹介~

要約 株初心者には、相場観を作るため日経平均のETFがお勧め 投信よりETFがお勧め 金融資産が1,000万以上の人はリスクをとるためのレバレッジは避けた方が無難

株の値動きを掴むための2大基礎理論:ファンダメンタルズ編

要約 全ての売買されている商品は需要と供給の不均衡で価格が変わる ニュースに1.ファンダメンタルズ 2.需給の2種類がある

図で分かる金融商品解説:Part 2 株式編

要約 株式への投資は会社の経営権の一部を購入すること 株式はリスク資産と呼ばれ、債券よりリスクが高い 元本の返済がない代わりに、会社の利益はすべて株式に分配される

≪前のページ